×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【文章サンプル】

 

〜中略〜

 

 

 

「――ちょっと待て」

 

不意に、あわてた様子でMZDが身を乗り出した。
周りに囲いのないソファーの上でそんなことをしたものだから、彼の体は当然、床へ転落する。

顎からまっさかさま……という醜態こそ免れたが、それは久しく見ない、神の動揺した姿だった。

浮遊できる能力も忘れ、MZDはジッと影の顔を凝視する。
目にしたのは、あまりにあり得ない変化だった。

 

影の顔の造作的に「右目」にあたる部分から、赤・白・黄・紫の四つの色が、
花が開くように飛び出しては引っ込む、という動きを繰り返していたのだ。

 

(まさか……そんなこと……)

 

驚愕に瞳を見開き、夢ならば覚めてほしいと瞬時で願った。
眉が波打って、唇が金魚の餌付けされる格好にも似てくると、やたらと羞恥的な光景になった。

その「右目に花が咲く」現象は、影がMZDの従者となる以前に見られたものだった。

MZDが神になってすぐの頃、世界として創造される前の空間で、ふたりは出会った。

 

「?(はてな)」

 

 

 

〜中略〜